ザルツブルク ウィーンの旅 2018 part5

  • 2018.10.30 Tuesday
  • 12:48

 

ウィーン散歩の続きです。

 

IMG_5183.jpg

 

 

早朝の聖堂は慎ましくミサが行われていて、日中の喧騒と対照的。

IMG_5185.jpg

 

 

 

IMG_5188.jpg

 

IMG_5191.jpg

 

 

南塔へ登るのであれば、9時のオープン時間に合わせてすぐ登ってしまうほうが良い。

登る階段が狭く、すれ違いのため渋滞になるので、人が多くなると時間がかかります。

IMG_5200.jpg

 

 

 

 

 

IMG_5201.jpg

 

 

開くのを待つ。

IMG_5214.jpg

 

 

 

IMG_5204.jpg

 

 

 

IMG_5207.jpg

 

 

IMG_5205.jpg

 

 

 

IMG_5212.jpg

 

 

IMG_5215.jpg

 

IMG_5222.jpg

 

 

 

IMG_5216.jpg

 

 

 

IMG_5218.jpg

 

 

人が増えてきたので、そろそろ引き返す。

IMG_5224.jpg

 

 

 

IMG_5234.jpg

 

 

IMG_5235.jpg

 

 

IMG_5229.jpg

 

 

 

 

 

IMG_5232.jpg

 

 

 

IMG_5237.jpg

 

 

この日はスペイン乗馬学校の演目を見るので、それまで少し寄り道をする。

IMG_5239.jpg

 

 

 

IMG_5240.jpg

 

 

 

 

IMG_5243.jpg

 

 

 

IMG_5245.jpg

 

 

 

ベートーヴェンの住居跡のひとつ。

数少ない、城壁跡の高台に残されている建物。

以前あった、5つペダルのピアノがなくなっていたので聞いてみると、ハイリゲンシュタットの家に移したとのこと。

後で考えてみると、展示品が少なくなっていたので、もしかしたら将来的にここは閉じて、ベートーヴェン関係はハイリゲンシュタットに集中させるのかもしれない。

IMG_5248.jpg

 

 

 

 

IMG_5246.jpg

 

 

乗馬学校のホール。チケットボックスと異なる場所にあり、注意。

IMG_5250.jpg

 

 

 

IMG_5251.jpg

 

 

こちらは撮影禁止。

スペイン乗馬学校は、ルネッサンス時代からの乗馬技術をおよそ450年伝え続けていて、

ユネスコ無形文化遺産に登録されているそうです。もっとも、それを意識して見たわけでなく、単にシューベルトやモーツァルトの音楽の拍感の一つであるウィーンの馬のステップを一度確かめておきたかったので。

参考までに。https://www.srs.at/en/about-us/the-spanish-riding-school/

 

IMG_5253.jpg

 

 

 

IMG_5252.jpg

 

 

 

午後は、いつものようにハイリゲンシュタットからカーレンベルクまで登り、ゆっくり歩いてベートーヴェンの家まで行きます。

IMG_5256.jpg

 

 

 

天気もよいので、その先のレオポルドベルクまで足を伸ばす。

IMG_5312.jpg

 

 

 

IMG_5314.jpg

 

 

 

 

 

IMG_5310.jpg

 

 

以前ボロボロで入れなかった教会の敷地がきれいに工事されていた。

IMG_5261.jpg

 

 

 

IMG_5309.jpg

 

 

 

IMG_5263.jpg

 

 

 

 

IMG_5302.jpg

 

 

 

 

 

IMG_5289.jpg

 

 

 

IMG_5291.jpg

 

 

 

IMG_5294.jpg

 

 

 

 

IMG_5290.jpg

 

 

 

IMG_5320.jpg

 

 

IMG_5299.jpg

 

 

 

IMG_5264.jpg

 

 

 

IMG_5332.jpg

 

やや霞かかっているが、聖堂とベルヴェデーレも見えた。

IMG_5258.jpg

 

 

 

 

 

IMG_5338.jpg

 

 

IMG_5362.jpg

 

 

IMG_5360.jpg

 

 

 

IMG_5344.jpg

 

 

 

IMG_5385.jpg

 

 

 

 

IMG_5386.jpg

 

 

ブドウ畑を通って墓地の側を歩くと、ベートーヴェンの小道に出る。

IMG_5392.jpg

 

 

 

IMG_5402.jpg

 

 

 

IMG_5404.jpg

 

 

 

IMG_5405.jpg

 

 

 

IMG_5416.jpg

 

 

 

ベートヴェンの家

IMG_5417.jpg

 

 

IMG_5418.jpg

 

 

以前と比べて展示品の数が増えて、説明も体系的になっていた。

IMG_5423.jpg

 

 

IMG_5424.jpg

 

 

ドイツから来たと思われる方々。

オーディオから「田園」が流れた瞬間、ものすごい反応をしていた。

ウィーンのベートーヴェン。

対して、彼らにとっては自分たちの国が生んだベートーヴェンという気持ちが想像以上に強いのだと思う。

IMG_5419.jpg

 

 

IMG_5427.jpg

 

 

IMG_5429.jpg

 

 

 

IMG_5430.jpg

 

 

続く

 

バイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

 

 

 

ザルツブルク、ウィーンの旅 2018 part4

  • 2018.10.29 Monday
  • 11:49

 

 

今回のウィーン滞在は短いので、どうせならとシュテファン聖堂の目の前にしてみました。

窓を開けるとリーゼン門を眺めることができます。

IMG_4887.jpg

 

 

 

IMG_4888.jpg

 

 

IMG_4915.jpg

 

 

早速出かけます。

午前中のザルツブルクからの移動疲れもあり、周りを少し歩いた後アルベルティーナ宮殿の美術館に行きます。

IMG_4921.jpg

 

 

IMG_4923.jpg

 

 

 

 

IMG_4926.jpg

 

15:00からのペータース教会のオルガンは必ず一度は聴きます。

プログラムには大きい変化はなく何度か聞いた曲が多いですが、ここの音を聴くと安心します。

IMG_4930.jpg

 

 

IMG_4929.jpg

 

 

IMG_4933.jpg

 

アルベルティーナのコレクションは美術史美術館に比べると渋いものが多いですが、時代的にも幅広く網羅して、

違う見ごたえがあります。

IMG_5017.jpg

 

 

 

 

IMG_5014.jpg

 

 

 

 

IMG_4934.jpg

 

 

 

 

 

IMG_4937.jpg

 

 

IMG_4938.jpg

 

 

 

 

IMG_4948.jpg

 

 

 

 

 

IMG_4950.jpg

 

 

 

 

IMG_4952.jpg

 

 

 

IMG_4956.jpg

 

 

 

 

IMG_4957.jpg

 

 

 

IMG_4967.jpg

 

 

 

IMG_4999.jpg

 

 

IMG_4975.jpg

 

 

IMG_5005.jpg

 

 

IMG_5009.jpg

 

 

IMG_5010.jpg

 

 

 

IMG_5000.jpg

 

 

地階は現代美術の展示。

IMG_5028.jpg

 

 

IMG_5031.jpg

 

 

 

IMG_5054.jpg

 

 

 

 

 

IMG_5061.jpg

 

 

 

ウィーンの歴史の一方の面の象徴。

石畳を磨くユダヤ人。

IMG_5062.jpg

 

 

IMG_5065.jpg

 

 

夜はなかなか人が絶えませんでしたが、3時くらいになってようやく人のいない時間ができました。

写真中央の模様に見える線は、ローマ時代にあったシュテファン聖堂の前にあった礼拝堂を表しているようです。

この下はU1とU3の地下鉄駅になっており、その一角で発掘された遺跡をガラス越しに見ることができたはず。

IMG_5112.jpg

 

 

 

IMG_5139.jpg

 

 

IMG_5147.jpg

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

 

 

 

ザルツブルク、ウィーンの旅 2018 part3

  • 2018.10.28 Sunday
  • 14:18

 

IMG_4482.jpg

 

 

 

IMG_4484.jpg

 

 

IMG_4749.jpg

 

 

 

IMG_4486.jpg

 

 

 

 

 

IMG_4496.jpg

 

 

 

 

 

 

IMG_4508.jpg

 

 

 

IMG_4514.jpg

 

 

 

IMG_4519.jpg

 

 

 

IMG_4528.jpg

 

 

 

IMG_4529.jpg

 

 

IMG_4530.jpg

 

 

IMG_4532.jpg

 

 

IMG_4536.jpg

 

 

 

 

IMG_4535.jpg

 

 

IMG_4536.jpg

 

 

 

IMG_4538.jpg

 

 

IMG_4540.jpg

 

 

 

IMG_4542.jpg

 

 

 

 

 

IMG_4545.jpg

 

 

IMG_4549.jpg

 

 

IMG_4574.jpg

 

 

 

IMG_4586.jpg

 

 

iイケメンの牛がいた。

IMG_4588.jpg

 

 

IMG_4590.jpg

 

ダッハシュタインの上部。雪渓があるが、やはり依然と比べてかなり縮小しているらしい。

雪解けの水がこのゴーザウ湖を形成している。

あそこまで行ってみたいなあ。

IMG_4594.jpg

 

 

IMG_4600.jpg

 

 

 

IMG_4608.jpg

 

 

IMG_4620.jpg

 

 

IMG_4622.jpg

 

 

牛が木陰に隠れている。

IMG_4628.jpg

 

スキーシーズン以外では放牧地に使われているようだ。

とても気持ちがよさそう。

IMG_4631.jpg

 

 

 

 

IMG_4634.jpg

 

 

IMG_4635.jpg

 

 

 

IMG_4645.jpg

 

ここまで来たのは、景色を見ながら一杯の牛乳を飲むためだ。

考えてみたら、それだけ。

IMG_4650.jpg

 

そろそろ帰らなければ。

IMG_4659.jpg

 

 

IMG_4683.jpg

 

 

IMG_4685.jpg

 

 

どこまでも歩いていきたくなる道が続く。

IMG_4693.jpg

 

 

 

 

IMG_4700.jpg

 

 

IMG_4703.jpg

 

 

IMG_4655.jpg

 

 

IMG_4707.jpg

 

 

IMG_4711.jpg

 

 

IMG_4717.jpg

 

 

牛かわいい。

IMG_4723.jpg

 

 

IMG_4729.jpg

 

 

IMG_4730.jpg

 

 

IMG_4740.jpg

 

 

IMG_4751.jpg

 

 

 

バートイシュルからバス。座れないと2時間立ちっぱなしになるので、早めに来た方がいい。

バスの前方の入り口の位置に注意。日本と逆方向なので。

IMG_4755.jpg

 

ヴォルフガング湖を見下ろすシャーフベルクの山荘。

鉄道で行ける。あそこにも泊まれるかどうか真剣に悩んだ。

IMG_4757.jpg

 

 

ザルツブルクに戻ってきた。

IMG_4763.jpg

 

 

IMG_4766.jpg

 

 

ミラベル宮殿の演奏会。

以前聴いたものは?な内容だったが、刷新されていてとても良いモーツァルトの五重奏を聴くことができた。

IMG_4770.jpg

 

 

IMG_4787.jpg

 

 

オーストリアを訪れたらこれを食べないと始まらない。(と勝手に思っている)

そしてこれもおいしかったが、ウィーンの歌劇場横のHAPPY Noodleこれをはるかに凌駕する。

IMG_4797.jpg

 

午前中にウンタースベルクに登るのだが、予報通りあいにくの天気。

ホテルからの眺め。旧市街が一望できるはずが、駅の施設増築のため遮られているのが惜しい。

IMG_4802.jpg

 

 

 

IMG_4805.jpg

 

 

 

IMG_4808.jpg

 

 

IMG_4820.jpg

 

 

IMG_4821.jpg

 

 

IMG_4822.jpg

 

 

IMG_4823.jpg

 

 

IMG_4827.jpg

 

 

IMG_4829.jpg

 

 

IMG_4835.jpg

 

 

IMG_4838.jpg

 

 

IMG_4849.jpg

 

 

IMG_4853.jpg

 

 

IMG_4856.jpg

 

 

晴れていれば、ここの景色はザルツブルク地方を一望できる。

さらに山歩きとしてもすぐれている。

2016年9月を参照

IMG_4864.jpg

 

 

IMG_4867.jpg

 

 

IMG_4871.jpg

 

 

IMG_4874.jpg

 

 

これからウィーンに向かいます。

IMG_4879.jpg

 

 

続く

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

 

 

ザルツブルク、ウィーンの旅 2018 part2

  • 2018.10.28 Sunday
  • 13:03

 

 

ザルツブルク散歩の続き

 

聖堂、レジデンス、ザルツブルク博物館を見たが、これは割愛。

2014年の9月を参照。

http://blog.jt-violin.com/?eid=143

IMG_4222.jpg

 

 

IMG_4213.jpg

 

 

IMG_4224.jpg

 

 

 

 

IMG_4233.jpg

 

 

IMG_4217.jpg

 

 

 

IMG_4225.jpg

 

 

旧市街の橋正面の建物はBiberが住んでいた家らしく、碑文がかけられていた。

ということで、次回の演奏会ではビーバーを弾こう。

IMG_4204.jpg

 

 

今度はメンヒスベルクに登って散策。城壁のある景色が素晴らしい。

IMG_4236.jpg

 

 

 

 

IMG_4239.jpg

 

 

 

IMG_4242.jpg

 

IMG_4247.jpg

 

IMG_4243.jpg

 

 

 

次の日、早朝からバスに乗る。

IMG_4263.jpg

 

 

IMG_4251.jpg

 

 

ザルカンマーグート地方にはいくつもの湖がありどこも魅力的だが、、気分的に閑静さを求めてハルシュタットに向かう。

IMG_4256.jpg

 

 

 

IMG_4258.jpg

 

 

バートイシュルで電車に乗り換える。

IMG_4269.jpg

 

この日は、車両の不具合のため途中で降ろされて、1本後の電車に乗ることになった。

せっかく早く起きたのに。

IMG_4281.jpg

 

 

IMG_4300.jpg

 

 

 

IMG_4302.jpg

 

 

 

IMG_4314.jpg

 

 

 

 

 

 

IMG_4327.jpg

 

。対岸の駅からハルシュタットの町へは船で渡る。

IMG_4342.jpg

 

 

 

 

IMG_4341.jpg

 

 

 

 

IMG_4343.jpg

 

 

IMG_4348.jpg

 

 

IMG_4349.jpg

 

 

IMG_4354.jpg

 

 

IMG_4357.jpg

 

 

 

IMG_4358.jpg

 

 

 

IMG_4359.jpg

 

 

IMG_4363.jpg

 

 

IMG_4364.jpg

 

 

IMG_4406.jpg

 

IMG_4370.jpg

 

 

IMG_4381.jpg

 

IMG_4374.jpg

 

 

IMG_4386.jpg

 

 

IMG_4390.jpg

 

 

こんな景色の場所で眠ることができれば幸せだろうな。

IMG_4396.jpg

 

 

IMG_4404.jpg

 

 

IMG_4412.jpg

 

 

IMG_4413.jpg

 

 

IMG_4415.jpg

 

 

さりげなく蹴られて喜んでいる。

IMG_4416.jpg

 

 

IMG_4425.jpg

 

 

IMG_4430.jpg

 

 

IMG_4448.jpg

 

 

IMG_4451.jpg

 

 

IMG_4452.jpg

 

 

IMG_4454.jpg

 

 

IMG_4475.jpg

 

 

IMG_4477.jpg

 

 

IMG_4479.jpg

 

 

 

IMG_4478.jpg

 

 

IMG_4480.jpg

 

 

今度訪れる時は、一泊してここからダッハシュタインに登ることができれば、本望だ。

IMG_4482.jpg

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

 

 

 

 

 

ザルツブルク、ウィーンの旅 2018 part1 

  • 2018.10.25 Thursday
  • 14:36

 

8月の後半、久しぶりにザルツブルクとウィーンを訪れた。

本当は別の場所でも良かったし、そうするべき理由もあったのだろうが

単純だが直観で、訪れたかったから、ここに行く。

 

以前、嬉々として受け入れていた景色が、知ることが増えることでふと自分の求めていることとずれていることに気が付いた。

かといっていそれを否定も肯定もできず、人にそれを伝えるべきなのか悩んだまま、ずっと心にしまったままでいた中で、気が付くと自然と回帰する選択を取っていた。

 

具体的に言えば、2016年の旅を振り返ってみたときに、例えばバッハやモーツァルトが歩いていた1700年代の都市の姿の中に立ってみたい気持ちと、現実との差を埋める心の作業に疲れてしまったのだった。

現在からみた過去の遺物は、立ち位置を300年前にしたいと思った時に、今目にしている景色を廃墟にしてしまう。

 

考古学者になったつもりで当時の音楽の姿を追っていこうと希望をもつ限り、

今を生きる現実の自分との時空の引っ張り合いに苦しむことになる。

 

考えてみると、次第に旅の軸が山や川を歩き自然へ移っていったことも、無意識にその疲弊を避けたのかもしれない。

自然は変わらないと、どこかで考えているから。

 

時間を空けてみて、過去の葛藤を冷静に受け入れることができるかも、と思ったタイミングでの今回の旅であったのかなと思う。

 

そんなことを考えながら、振り返ります。

 

 

ザルツブルクへは鉄道で。

ウィーン中央駅から乗りましたが、シュベッヒャート国際空港から直通列車もあります。

オーストリアの鉄道網は年々整理されつつある様に感じました。

車両や駅の設備もしていますし、電車の中でのWi-Fiも安定している印象。

乗車券は指定席のオプションを含め、事前に購入できます。

https://www.oebb.at/

早割りや列車の時間によって割引料金があり、それを悩むのも楽しい。

IMG_3933.jpg

 

 

ザンクト・ペルテンやリンツを経て、およそ2:30でザルツブルクに到着します。

IMG_3938.jpg

 

 

 

IMG_3939.jpg

 

 

おなじみのザルツブルク中央駅。

IMG_3945.jpg

 

 

 

 

IMG_3946.jpg

 

今回の泊りは駅前に。

荷物を置いて旧市街方面に向かいます。移動はバスなので割愛。

橋を渡る前に、一番景色の良いカプチーナ修道院に登ります。

IMG_3950.jpg

 

 

 

 

IMG_3951.jpg

 

 

 

IMG_3960.jpg

 

 

 

IMG_3962.jpg

 

 

 

IMG_3977.jpg

 

 

 

 

IMG_3978.jpg

 

 

17世紀後半の鳥観図。旧市街は現在の姿と近いが、修道院側はミラベル宮殿の外側に土塁と水堀が築かれている。

それぞれを町を囲む高台はそれだけで守りに適して地形でありながら、さらに城壁を巡らせている。

G1152III-2.jpg

 

 

IMG_3979.jpg

 

 

IMG_3980.jpg

 

 

 

IMG_3981.jpg

 

 

 

 

IMG_3985.jpg

 

 

 

IMG_3986.jpg

 

 

 

IMG_3987.jpg

 

 

 

 

IMG_3988.jpg

 

 

 

 

IMG_3991.jpg

 

 

IMG_3994.jpg

 

 

 

IMG_3997.jpg

 

 

IMG_3998.jpg

 

 

IMG_4002.jpg

 

 

少し休憩気が引けたが、まずホーエンブルクに登ってしまった。

工事中の場所が多く、少し趣が削がれる。

IMG_4004.jpg

 

 

IMG_4016.jpg

 

以前やっていた城を一巡するガイドツアーがなくなり、半分ほどの行程のオーディオガイドのみ。

それでも城内の展示は随分整理されている。

 

IMG_4027.jpg

 

 

IMG_4030.jpg

 

 

IMG_4034.jpg

 

 

 

IMG_4037.jpg

 

 

IMG_4040.jpg

 

北側を望む景色から中央駅が見える。

IMG_4052.jpg

 

ここでの演奏会は少し興味があったが、評判が芳しくなかったので遠慮した。

IMG_4059.jpg

 

 

IMG_4072.jpg

 

 

IMG_4073.jpg

 

 

 

IMG_4088.jpg

 

 

IMG_4090.jpg

 

 

一旦山を下りて、旧市街を歩いた。

IMG_4102.jpg

 

 

 

IMG_4125.jpg

 

 

暗くなってから、再びカプチーナ山で夕暮れの時間を過ごした。

日の入りが20:00ごろなのでなかなか暗くならない。

IMG_4149.jpg

 

 

 

IMG_4128.jpg

 

 

 

IMG_4150.jpg

 

 

IMG_4151.jpg

 

 

暗くなってから、ホーエンブルクに再び登り夜景を確かめたてから、その日を終えた。

IMG_4179.jpg

 

 

 

 

 

IMG_4193.jpg

 

 

 

バイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

 

12年ぶりに富士山 2

  • 2017.09.05 Tuesday
  • 20:30

つづき

 

頂上でのご来光の為に、3時ごろ山小屋を出る。すでに渋滞が起きている。

歯がゆいが、同時に人の流れに安心する。

9合目の鳥居が見える。

IMG_0196.jpg

 

既に地平線に切れ目ができている。余裕がないので9合目からは省略。

IMG_0201.jpg

 

頂上の鳥居。

IMG_0205.jpg

 

 

IMG_0209.jpg

 

 

 

 

IMG_0212.jpg

 

4時50分に到着。

IMG_0215.jpg

 

 

山の上とは思えない混雑っぷり。

IMG_0220.jpg

 

 

日の出を待ち構える人たちがこんなにいる。しかも広い頂上一帯を考えると何人いるのだろう。

IMG_0223.jpg

 

 

IMG_0227.jpg

 

 

不思議な一体感がある。

IMG_0228.jpg

 

IMG_0231.jpg

 

IMG_0233.jpg

 

 

IMG_0237.jpg

 

IMG_0239.jpg

 

 

 

 

IMG_0244.jpg

 

 

IMG_0249.jpg

 

 

 

IMG_0258.jpg

 

IMG_0249.jpg

 

IMG_0258.jpg

 

IMG_0265.jpg

 

IMG_0268.jpg

 

 

IMG_0270.jpg

 

 

IMG_0273.jpg

 

 

河口湖、山中湖が見える。

IMG_0289 (2).jpg

 

 

 

 

 

ご褒美。

 

犯罪的なほどうまい。

IMG_0298.jpg

 

6時過ぎに下山を始める。

IMG_0309.jpg

 

 

 

IMG_0313 (2).jpg

 

 

みんな一斉に降り始めるので列になる。

IMG_0315.jpg

 

 

IMG_0319.jpg

 

 

ひたすら下り道。ジグザグ道なので長くなるが、足への負担はそれほどでもない。

しかし長い。

IMG_0321.jpg

 

 

日の丸付きの杖を持つ外国人観光客。

IMG_0323.jpg

 

IMG_0325.jpg

 

IMG_0331.jpg

 

 

まだまだ距離がある。

IMG_0332 (2).jpg

 

雷よけのシェルター。下り道は全く山小屋がない。

IMG_0342.jpg

 

 

IMG_0349.jpg

 

 

降りきったところの落石除け通路。

誰も通ってくれない。かわいそうなトンネル。。あ

IMG_0355.jpg

 

 

 

IMG_0356.jpg

 

IMG_0361.jpg

 

 

6合目まで降りてくる。

登り道と合流する。昨日登った山小屋がよく見える。

 

もういっかい登る?

IMG_0366 (2).jpg

 

馬。

IMG_0368.jpg

 

 

IMG_0372.jpg

 

 

IMG_0373.jpg

 

 

やっとここまで降りてきた。

IMG_0377.jpg

 

ここから登山口まで若干の登りになる。

そのためこの期に及んで馬車がある。6人乗ると馬がかなり苦しそうの表情。そんなもん乗るな。馬をいじめるな。

ちゃんと馬に給料払え。というか人間が押せ。許せん。

IMG_0379.jpg

 

IMG_0380.jpg

 

IMG_0382.jpg

 

馬のさりげない抵抗。

IMG_0386.jpg

 

 

 

 

IMG_0388.jpg

 

9時半過ぎに登山口に帰ってきた。

IMG_0390.jpg

 

 

ご褒美に食べたいものを食べる。

IMG_0396.jpg

 

IMG_0397.jpg

 

 

IMG_0399.jpg

 

 

また登りたくなってしまった。

IMG_0400 (2).jpg

 

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

 

 

12年ぶりに富士山  1

  • 2017.09.05 Tuesday
  • 20:00

8月半ば、2日の時間を頂いて富士山に登ってきた。

 

初めて登ったのは、数えてみると12年ぶり。思えばその時の刺激がきっかけに登山をすることが自分の数少ない趣味になった。

もっとも趣味と言えるほど時間を使っていいないかもしれないが。

 

12年経った富士山の記憶を見直してみて、変わった自分、変わらない自分を振り返って、何を思うのだろうか。

 

 

 

5合目。混んでいる。もっともすべての人が登るわけではない。

IMG_0083.jpg

 

 

11時に歩き始める。

登山口から20分ほどはなだらかな道。

IMG_0085.jpg

 

IMG_0088.jpg

 

 

ここから登り坂に取りつく。6合目までは降りてくる登山客とすれ違う。

IMG_0092.jpg

 

 

IMG_0094.jpg

 

 

1時間弱で6合目に至る。

IMG_0095.jpg

 

今年は不安定な天気が続く8月だったが、この日は幸運に雨は降らなかった。後半は雲の上まで出て晴れ間ものぞかせた。

IMG_0098.jpg

 

 

IMG_0100.jpg

 

 

IMG_0102.jpg

 

IMG_0105.jpg

 

 

7合目付近から岩場になる。同時に山小屋ゾーンが続く。

 

IMG_0115.jpg

 

 

最初の山小屋、花小屋。

IMG_0119.jpg

 

不安感を覚えるミッフィー。

IMG_0118.jpg

 

 

 

IMG_0120.jpg

 

これからどんどん山小屋を超えていく。

IMG_0122.jpg

 

 

日の出館。土地狭いので正面から建物を撮るのが難しい。

IMG_0125.jpg

 

 

 

IMG_0126.jpg

 

 

IMG_0128.jpg

 

 

 

IMG_0131.jpg

 

 

IMG_0133.jpg

 

 

12年前の記憶に比べて、新しい小屋が多い。それからゴミが全く落ちていない。これは本当にすごいことだと思う。

IMG_0135.jpg

 

 

 

IMG_0136.jpg

 

みんながんばれ!

IMG_0139.jpg

 

彼方に8合目の鳥居が見える。

IMG_0140.jpg

 

 

次第に雲を超えてきた。

IMG_0141.jpg

 

先ほどの鳥居に至る。2900m。

IMG_0142.jpg

 

 

IMG_0148.jpg

 

3000mを超えると、寒さを実感してくる。100m上がるごとに0.6℃下がるので、単純計算で、18℃体感気温が低い。

高山病を避けるためには、ゆっくり登って体を慣らさないといけないが、身体を動かさないとすぐに危険なほど体が冷える。

IMG_0149.jpg

 

 

IMG_0151.jpg

 

 

IMG_0153.jpg

 

 

IMG_0157.jpg

 

 

IMG_0158.jpg

 

 

IMG_0159.jpg

 

 

IMG_0162.jpg

 

15時過ぎ。3200m。12年前に泊まった白雲荘につくが、この日はさらに上の本八合目まで登り、次の日の時間を稼ぐ。

IMG_0165.jpg

 

 

 

IMG_0166.jpg

 

 

本八合目の鳥居。

IMG_0169.jpg

 

完全に雲の上に出る。

IMG_0171.jpg

 

 

がんばれがんばれ!

IMG_0177.jpg

 

 

IMG_0180.jpg

 

 

16時半、この日泊まるトモエ館(3400m)に到着。かなり消耗したと思う。

IMG_0186.jpg

 

 

IMG_0189.jpg

 

5時過ぎ、山小屋の食事。

足りないので、持参したもので補う。

IMG_0187.jpg

 

 

 

 

IMG_0188.jpg

 

 

雑魚寝状態だったが、疲れの為それなりに寝た。

夜中に星を見ようと外に出たらものすごく寒い。夜通し登ってくる登山客もいて小屋の前で休んでいた。

 

翌日は2時半起き。

 

続く。

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

 

 

浅間山を拝む スノーシュー歩き

  • 2017.05.04 Thursday
  • 17:44

 

翌朝までひどく曇っていた天気から、一気に晴れた。

小諸市街から、その向こうの八ヶ岳まで見渡せるようになった。

IMG_9508 - コピー.jpg

 

 

 

 

 

IMG_9506 - コピー.jpg

 

 

 

IMG_9510 - コピー.jpg

 

 

こうなると登りたくなる。スノーシューをレンタルして浅間山方面に歩く。

IMG_9512 - コピー.jpg

 

 

 

IMG_9514.jpg

 

 

IMG_9515.jpg

 

 

 

IMG_9524 - コピー.jpg

 

 

 

IMG_9530.jpg

 

 

IMG_9535.jpg

 

 

IMG_9540.jpg

 

 

本来の登山道は全く見えない。

IMG_9545.jpg

 

 

 

IMG_9550.jpg

 

 

IMG_9553.jpg

 

 

 

 

IMG_9557.jpg

 

 

 

IMG_9566.jpg

 

 

 

突然目の前が開けて外輪山にたどり着く。

IMG_9569.jpg

 

 

微妙な残雪で、スノーシューを外すか迷うところ。

IMG_9575.jpg

 

 

浅間を拝める高台までやってきた。

IMG_9587.jpg

 

 

IMG_9585.jpg

 

 

さらに外輪の黒斑山方面に誘われるが、この日はここまで。

IMG_9596.jpg

 

 

 

IMG_0603.jpg

 

 

IMG_0604.jpg

 

 

 

 

IMG_9590.jpg

 

 

外輪を下って、窪地を歩くのも気持ちの良い。現在は登れない。IMG_9592.jpg

 

 

 

 

 

IMG_9602.jpg

 

 

 

 

 

IMG_0610.jpg

 

 

IMG_9608.jpg

 

 

 

火山の際の簡易避難シェルターが雪に埋もれている。

IMG_9613.jpg

 

 

 

IMG_9619.jpg

 

 

 

IMG_9624.jpg

 

 

 

IMG_9625.jpg

 

5時間弱歩いて、無事に峠に戻ってきた。

IMG_9627.jpg

 

 

 

 

IMG_0621.jpg

 

 

 

 

IMG_0616.jpg

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

 

小諸 古城の桜を見る

  • 2017.05.04 Thursday
  • 08:44

 

4月中旬を過ぎ、長野県の小諸市、懐古園を訪れた。

 

母親の実家があり、訪れるたびに行っていた。

幼少のころから無意識にも心のどこかで安息の場になっている。

IMG_9317-2.jpg

 

 

 

IMG_0508.jpg

 

 

東京と2週間ほど遅れて桜がやってくる。

まだ咲き始めで、それほど人の出足は多くなかった。

IMG_9324-2.jpg

 

 

石垣フェチにはたまらない。

IMG_9332-2.jpg

 

 

 

 

3〜4分咲きくらい。

IMG_0510.jpg

 

 

 

 

 

IMG_0539.jpg

 

 

 

IMG_9348-2.jpg

 

 

 

IMG_9346.jpg

 

 

 

 

 

IMG_9352-2.jpg

 

 

城跡の南側に位置する、千曲川を見下ろす見晴台はいつ行っても気持ちの落ち着く場所。

IMG_9354-2.jpg

 

 

 

 

IMG_9365-2.jpg

 

 

 

IMG_9353-2.jpg

 

 

 

 

IMG_9372.jpg

 

 

 

 

IMG_9375 (2).jpg

 

 

 

橋の対岸にある動物園は、不幸な事故の為閉鎖中。

誰も悪くない。ライオンさんも悪くない。

IMG_9386-2.jpg

 

 

小さいころ、ソフトクリームを食べたため、良いお店と刷り込まれた休憩所。

この日も再現してみた。

IMG_9410-2.jpg

 

 

 

IMG_9420-2.jpg

 

 

 

IMG_0511.jpg

 

 

IMG_9423-2.jpg

 

 

 

IMG_9425.jpg

 

 

 

IMG_9452-2.jpg

 

 

 

IMG_9453-2.jpg

 

 

子の懐古園のある小諸城跡は、実は神社の所有する土地。

IMG_9465.jpg

 

 

 

IMG_9471.jpg

 

 

 

懐古園を出て駅前で食事。駅舎を見下ろす。

以前は、重厚な建物だった。

IMG_9477.jpg

 

 

 

ぼろいけど、ロイヤルホテル。

一度でいいから泊まってみたい!

小さいころからそんな願望があって、今もそそられる。

入口まで行って、その度に心の中に再びしまわれる。

IMG_9478.jpg

 

 

バスに乗って、高峰高原に向かう。この日は天気が崩れてきたのが残念。

IMG_9483.jpg

 

 

 

IMG_9489.jpg

 

 

IMG_9497.jpg

 

 

IMG_9502.jpg

 

 

続く。

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

ライプツィヒ4 カフェバウム〜再びトーマス教会

  • 2016.12.10 Saturday
  • 13:22

 

続き

 

疲れた足で、カフェバウムへ向かう。

IMG_1448 - コピー.JPG

 

 

IMG_1450 - コピー.JPG

 

 

 

 

IMG_1451 - コピー.JPG

 

 

 

 

 

IMG_1460 - コピー.JPG

 

 

この市庁舎、重要な場所なのに行かなかった。。

IMG_1526.JPG

 

 

1711年開店、ドイツ最古のカフェと伝わる、「カフェ バウム」

IMG_1463 - コピー.JPG

 

 

しかしここまで来て、ザッハトルテかよ!

中東でたくさん走っている「トヨタ」のピックアップトラックを選んだ気分。

IMG_1464 - コピー.JPG

 

 

カフェの3階以上は、カフェに関する博物館になっている。

IMG_1466.JPG

 

 

 

IMG_1467 - コピー.JPG

 

 

IMG_1468 - コピー.JPG

 

 

IMG_1469 - コピー.JPG

 

 

IMG_1471.JPG

 

 

IMG_1474 - コピー.JPG

 

 

IMG_1475 - コピー.JPG

 

 

 

IMG_1476 - コピー.JPG

 

 

IMG_1477 - コピー.JPG

 

 

IMG_1480 - コピー.JPG

 

 

IMG_1482 - コピー.JPG

 

 

IMG_1484.JPG

 

 

IMG_1485 - コピー.JPG

 

IMG_1486 - コピー.JPG

 

IMG_1487.JPG

 

IMG_1488.JPG

 

 

IMG_1490 - コピー.JPG

 

 

IMG_1491 - コピー.JPG

 

 

IMG_1494 - コピー.JPG

 

 

IMG_1495 - コピー.JPG

 

 

最後に、トーマス教会に戻り名残惜しむ。

IMG_1508.JPG

 

 

IMG_1509.JPG

 

 

結局教会向かいのカフェにも入ってしまった。

IMG_1513.JPG

 

 

 

IMG_1515.JPG

 

 

IMG_1522.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_1523.JPG

 

 

 

 

 

これでライプツィヒは終わり

 

続く

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

 

 

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM