登山 2日目 浅間山 その2

  • 2015.07.05 Sunday
  • 01:19
ベタなバラエティ番組並みに引きずり過ぎなのを自覚しつつ。
浅間山 つづき

IMG_4590.jpg

歩いてきた外輪山の全体をだんだん見通せるようになった。
一番高いところが黒斑山。
IMG_4593.jpg


後ろの老夫婦が見えたので、手を振ったら振りかえしてくれた。
IMG_4641.jpg


IMG_4639.jpg


本体は登山道が見えるくらい近い。



IMG_4605.jpg


はやくあの道を歩きたいし、今の道も捨てがたい。
贅沢な悩みだ。
IMG_4619.jpg


IMG_4611.jpg

高低差もあり、この外輪山が雲の流れをせき止めていることになる。
IMG_4655.jpg


面白い図があった。
元は今の黒斑山あたりを中心とした、2800m以上の大きな火山だったものが、
おおよそ2度の強い噴火による山体崩壊の結果、現在の姿となった。
上記の外輪山はやはりその山体の一部。
距離も参考になる。
山体崩壊.jpg


IMG_4666.jpg


そろそろ外輪山の端まで来た。
IMG_4676.jpg



IMG_4678.jpg

名称の由来は知らないが、この「Jバンド」という道で下る。
IMG_4689.jpg


IMG_4694.jpg


先を行く青いお兄さんが、眼下にあるJバンド脇の(写真の中心ほどの)巨石横を、
熊除けの鈴を鳴らして歩いているのが見えた。
IMG_4702.jpg


IMG_4723.jpg


先ほどいた場所を見上げる。
よく考えたら、落石が起きる危険もある。
IMG_4727.jpg



IMG_4732.jpg

こんなものが、上から降ってきたらイチコロだ。

IMG_4745.jpg

15分ほど前に青いお兄さんが見えた火山弾。
IMG_4747.jpg


IMG_4755.jpg


岩が転がっている窪地に低木が点在する奇妙な光景が広がる。
以下、360度パノラマモード。
IMG_4769.jpgIMG_4770.jpgIMG_4771.jpgIMG_4772.jpg

降りてきた方向。
IMG_4774.jpgIMG_4775.jpgIMG_4777.jpg



IMG_4779.jpg


ひぇぇ。。
IMG_4780.jpg


道を進むにつれ茂っていく。
IMG_4792.jpg


IMG_4796.jpg

中ほどに本体への登り口に分かれる。
こちらにいく。
6月以降は通行止めになっていると思う。
IMG_4798.jpg


IMG_4802.jpg

再び高度を上げると、植物が姿を消していく。
IMG_4816.jpg


IMG_4831.jpg


IMG_4819.jpgIMG_4820.jpgIMG_4821.jpg

いくつかケルンが積んであった。
何かを積み上げたくなるのは人間の性か。
IMG_4822.jpg


IMG_4824.jpg


IMG_4829.jpg


IMG_4851.jpg
IMG_4845.jpg
IMG_4848.jpg


もうちょっとで着く。(どこに?)
IMG_4855.jpg


景色が良いので何度も振り返っちゃう。
しつこい男は嫌われる。
IMG_4859.jpg


IMG_4865.jpg

火口への登頂禁止の看板まで来た。
分岐からゆっくり歩いて50分ほど。
右は前掛山の方向。
IMG_4871.jpg


さてどうする?
IMG_4872.jpg

1個ねじを外した。
ええい、行っっちゃえ。
実はこのために登ってきたのだが。
IMG_4874.jpg

15分ほど、いろいろな緊張を含んで登る。
IMG_4876.jpg

ちゃんと登山道がある。
IMG_4877.jpg


IMG_4879.jpg

あと数歩。
IMG_4882.jpg



続く。。

悪いうさぎの
ヴァイオリン教室
Jun Tomono VIOLIN SCHULE
http://jt-violin.com/index.html
 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM