発表会 報告 他

  • 2016.08.19 Friday
  • 21:43

8月の一周目に門下生の発表会を行いました。

 

プログラムは以下の通り。

 

1. ヴァイオリンとピアノ為のソナチネ D384 ニ長調 1楽章 / シューベルト 

2. ヴァイオリンの為のロマンス ト長調 / リーディング

3. 2つのヴァイオリンの為の二重奏 Op.8-1 二長調 / プレイエル

4. 「調和の霊感」より ヴァイオリン協奏曲 イ短調 3楽章 / ヴィヴァルディ 

5. パッツィーニの主題による エアヴァリエ Op.89-1 / ダンクラ

6. 愛の悲しみ ウィーン古典舞曲集より / クライスラー

7. チェロの為のコンチェルティーノ1番 ハ長調 Op.7 1楽章 / クレンゲル

          〜〜〜

8. パッツィーニの主題による エアヴァリエ Op.89-1 / ダンクラ

9. シチリアーノ と リゴードン /  クライスラー  

10ヴァイオリンと弦合奏の為のアレグロ / フィオッコ 

112つのヴァイオリンの為の二重奏 Op.44-1 より アレグロ / プレイエル

12. 3つのヴァイオリンと通奏低音の為の カノン と ジーグ  / パッヘルベル

          〜〜〜

13 ヴァイオリンとピアノの為のソナタ ト短調 / エックレス 

14. 「懐かしい土地の思い出」より メロディ Op.42  / チャイコフスキー

15.  ヴァイオリン協奏曲 4Op.31 4楽章  / ヴュータン

16  ヴァイオリン協奏曲 1番 ト短調 Op.26 楽章 / ブルッフ

17  ヴァイオリンとピアノの為のソナタ 3ハ短調 Op.45 1楽章 / グリーグ

18.      カプリース Op.27 No.3  /  カロル・リピンスキー

 

 

IMG_9167 (2)-3.jpg

 

比較的落ち着いたプログラムになりましたが、参加された方はよく練習していました。

ありきたりな話で特に面白くないと思いますが、上達するには少しずつでも楽器に慣れる繰り返しと同時に、

新しい発想を自身で考えていく練習をしていく、これ以外にありません。

 

自分は最初のシューベルトと最後のリピンスキーを弾きました。

リピンスキー(Lipinski Carol Josef)は19世紀前半ごろのポーランドで活躍していたヴァイオリニストです。

同時代のパガニーニほどは現在名前は知られていませんでしたが、主にドイツ語圏の東側で活躍していたようです。パガニーニとは友達だったようで彼が演奏旅行にワルシャワに訪れた際には共演(競演)をして新聞の両者の評価を二分したようです。主にヴァイオリンの為の協奏曲や今回のカプリースなどを残しています。

3年ほど前にウィーンを訪れた際に、リピンスキーの名前を初めて聞き、カプリースの譜面をコピーさせてもらいました。

パガニーニ以外で19世紀の無伴奏のプログラムとして貴重な存在です。

本で譜面は手に入らないようです。演奏する人もまた演奏に接する機会も稀有でしょう。

こういった曲はいくらでもありますし、今後も発掘していきたいです。

 

 

 

自分への褒美はネコカフェです。

IMG_9172-2.jpg

 

IMG_9176-2.jpg

 

 

IMG_9180 (3).JPG

 

 

 

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

 

 

 

 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM