リサイタルの報告とお礼

  • 2017.12.14 Thursday
  • 17:35

先週10日に無事リサイタルを終えることができました。

去年の冬に引き続き、バロックスタイルの演奏で臨みました。

 

今回はだいぶ音色の変化や、ピッチのコントロール慣れて自身の演奏を楽しむことができました。

譜面外の装飾をいくつか選択肢を考えて、アドリブでその場で流れを考えていくことは、クラシックにはない面白さがありました。

プログラムもかなり独特だったと思いますが、自分なりのテーマを実践することができたのではと思います。

各曲とも弾きこんで試行錯誤するうちに、共通する語法や構成、舞曲のテンポと共に、作った側の異なる性格や主張が少しずつ見えてくることはとても新鮮な作業で、塞ぎ気味だった知的好奇心が少し目を覚ましてくれたかもしれません。

 

こんな趣味みたいな演奏会に付き合っていただき、とても感謝しております。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

プログラムは以下の通り

 

L.G.ギユマン

「ヴァイオリンの楽しみ」op.18より カプリース 1,2番

 

J.P.von ヴェストホフ

6つの無伴奏ヴァイオリンのための組曲 より 2番 A-dur

 

J.S.バッハ

無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 3番 BWV1006 E-dur

 

〜休憩〜

 

G.P.テレマン

無伴奏ヴァイオリンのための「12のファンタジー」より 3,4,6番

 

J.G.ピゼンデル

無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ a-moll

 

-アンコール-

J.P von ヴェストホフ

ヴァイオリンソナタ 3番より Imitatione delle Campane

 

G.P.テレマン 

「12のファンタジー」より7番

 

 

 

IMG_1738 (4).jpg

 

 

補足するべきことと、話しておきたいことがあって珍しく多弁になりました。

IMG_1733 (3)-1.jpg

 

いただいた花はいつも写真に残しています。

 

IMG_0906.jpg

 

 

自分のご褒美に翌日は猫カフェです。

IMG_1324-2.jpg

 

IMG_1329.jpg

 

ブサネコなのか、美形なのか?

222222.jpg

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

http://jt-violin.com/index.html

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM