ザルツブルク、ウィーンの旅 2018 part4

  • 2018.10.29 Monday
  • 11:49

 

 

今回のウィーン滞在は短いので、どうせならとシュテファン聖堂の目の前にしてみました。

窓を開けるとリーゼン門を眺めることができます。

IMG_4887.jpg

 

 

 

IMG_4888.jpg

 

 

IMG_4915.jpg

 

 

早速出かけます。

午前中のザルツブルクからの移動疲れもあり、周りを少し歩いた後アルベルティーナ宮殿の美術館に行きます。

IMG_4921.jpg

 

 

IMG_4923.jpg

 

 

 

 

IMG_4926.jpg

 

15:00からのペータース教会のオルガンは必ず一度は聴きます。

プログラムには大きい変化はなく何度か聞いた曲が多いですが、ここの音を聴くと安心します。

IMG_4930.jpg

 

 

IMG_4929.jpg

 

 

IMG_4933.jpg

 

アルベルティーナのコレクションは美術史美術館に比べると渋いものが多いですが、時代的にも幅広く網羅して、

違う見ごたえがあります。

IMG_5017.jpg

 

 

 

 

IMG_5014.jpg

 

 

 

 

IMG_4934.jpg

 

 

 

 

 

IMG_4937.jpg

 

 

IMG_4938.jpg

 

 

 

 

IMG_4948.jpg

 

 

 

 

 

IMG_4950.jpg

 

 

 

 

IMG_4952.jpg

 

 

 

IMG_4956.jpg

 

 

 

 

IMG_4957.jpg

 

 

 

IMG_4967.jpg

 

 

 

IMG_4999.jpg

 

 

IMG_4975.jpg

 

 

IMG_5005.jpg

 

 

IMG_5009.jpg

 

 

IMG_5010.jpg

 

 

 

IMG_5000.jpg

 

 

地階は現代美術の展示。

IMG_5028.jpg

 

 

IMG_5031.jpg

 

 

 

IMG_5054.jpg

 

 

 

 

 

IMG_5061.jpg

 

 

 

ウィーンの歴史の一方の面の象徴。

石畳を磨くユダヤ人。

IMG_5062.jpg

 

 

IMG_5065.jpg

 

 

夜はなかなか人が絶えませんでしたが、3時くらいになってようやく人のいない時間ができました。

写真中央の模様に見える線は、ローマ時代にあったシュテファン聖堂の前にあった礼拝堂を表しているようです。

この下はU1とU3の地下鉄駅になっており、その一角で発掘された遺跡をガラス越しに見ることができたはず。

IMG_5112.jpg

 

 

 

IMG_5139.jpg

 

 

IMG_5147.jpg

 

 

ヴァイオリン教室

Jun Tomono VIOLIN SCHULE

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM